どんなタイプ?

まず、ホテルによって様々なお部屋の種類があります。お部屋の広さ、ベッドの大きさもホテルによって様々です。インターネットで検索すると、お部屋の様子を写真で見ることが出来るので、ある程度の雰囲気や広さなどが分かります。まず、子供が一緒に泊まれるお部屋かを確認しなければなりません。まれに、子供不可なんてホテルもあります。ホテルによっては、小学生以下の子供の場合、大人何人に対して子供何人、添い寝(無料)がOKなどと別途記載があるので、見逃さないようにしましょう。そして、ホテルによってダブル、ツイン、トリプル、4ベット、和室、和洋室などのお部屋のタイプがあります。もともと、シングルのお部屋にベッドを二つ並べて、ツインにしたお部屋などは、お部屋の値段が安いのですが、家族で宿泊するとなると、お部屋が狭く感じてしまうかもしれません。歩き初めの子供がいる場合は、ベット以外のスペースが狭いとちょっと危なっかしいですね。ベットだと、落下の危険性があるので心配という人は、ベットではなく和室が安全だと思います。また、1歳未満の子供がいる場合は、ベビーベッドのレンタルが出来るか確認した方がいいと思います。子供が2人くらいまでは、ダブルのお部屋で十分眠れると思います。ツインのお部屋でも、ベットをくっつけると、広くなります。そして、お部屋は禁煙のお部屋を選ぶといいと思います。子供がいると、お部屋の匂いが気になりますよね。ホテル予約サイトなどでお部屋を選ぶ際にこういった点を注意して選ぶといいと思います。

韓国のツアーなら
ユニパックで決まり!